動画像からの三次元復元に基づく
湾曲した紙面のビデオモザイキング


研究概要

見開きの冊子やワインラベルのような湾曲した紙面を対象とした、ビデオ映像のみを用いた画像モザイキング手法について研究している。従来提案されている画像モザイキング手法の大半は、平面または平面に近似できるもののみを対象としており、湾曲した紙面のような非平面に対して手法を適用した場合には、生成画像上に幾何学的な歪みや複数画像の合成位置のずれに起因するブレが発生するという問題があった。

本手法では、画像上の見かけの動きを用いた三次元復元(structure from motion)によって撮影対象の形状と画像撮影時のカメラ位置・姿勢パラメータを決定し、紙面形状を推定することで、紙面上の文書や写真を平面状に展開した高解像モザイク画像を生成する。

キーワード: ビデオモザイキング, structure from motion, 形状推定, 特徴点追跡, カメラ外部パラメータ推定, 湾曲紙面

デモ映像

画像をクリックすると再生します(mpeg1 - 115MB)


実験1: 湾曲した紙面に対するモザイク画像の生成


撮影対象



復元されたカメラパス・紙面形状



生成された展開モザイク画像(クリックで拡大表示)


実験2: ワインラベルに対するモザイク画像の生成


撮影対象



推定されたカメラパス・紙面形状



生成された展開モザイク画像(クリックで拡大表示)


発表文献・資料


モザイキングに関する業績一覧を表示(クリックして下さい)


連絡先など:
 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 視覚情報メディア講座 准教授 佐藤智和

 メール