コンテストスケジュール
99年5月 応募開始
99年8月20日 応募〆切 
99年8月21〜27日 審査期間
99年9月8日 13:00〜 情報・システムソサイエティ大会併催事業

「パターン認識メディア理解アルゴリズムコンテスト
−カメレオンはどこだ− テクスチャ画像の領域分割」

場所:日本大学理工学部 13号館1361教室
参加費:無料
主催:電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ
パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会
<プログラム>
司会:佐藤宏介(阪大)
コンテスト実行委員長挨拶 谷内田正彦(阪大)
特別講演「画像のセグメンテーションの手法と課題」 谷内田正彦(阪大)
コンテストの結果報告 佐藤宏介(阪大)
入賞者表彰
入賞者の発表講演:6件程度
閉会挨拶 横矢直和(奈良先端大)

<趣旨>
 21世紀のマルチメディア情報流通社会に向けて、パターン、映像等のメディ アを自在に操作できる人材の育成が重要課題となっています。このような社会的 ニーズに答えるために、パターン認識・メディア理解(PRMU)研究会では、アルゴ リズムコンテストを過去2回に渡り実施してきました。  画像処理・認識における最も基本的でかつ難しい問題の1つに画像から対象物 領域を抽出するセグメンテーションがあります。今回のコンテストでは、濃淡テ クスチャ画像を背景と対象物に分割する領域分割の課題にチャレンジしてもらい、 学生や若手研究者に、パターン・映像メディアの操作技術に接する機会を提供す ると共に、PRMU技術のおもしろさを体得してもらうことを目的としています。 ソサイエティ大会ではこのコンテストの表彰だけではなく、受賞者自身による アルゴリズムの解説、並びに今回の課題である「画像セグメンテーション」に関 して谷内田正彦先生の特別講演を行います。新たな発想を競う、楽しいプレゼン が期待されますので、多数の御参加を歓迎します。

コンテストのホームページに戻る

問い合わせ先 prmucont@cs.titech.ac.jp